南の島

2005年02月13日

では実際に行ってみましょう!

ではこれからバヌアツの首都、ポートビラへ実際に行ってみましょう!

バヌアツへの航空券は格安券がありません。従って、20万円ほど出して航空券を旅行会社などで買うことになります。乗り継ぎはシドニー、メルボルン、アデレードなどオーストラリアの諸都市に、フィジー、ニューカレドニアなどです。トランジットは最小で4時間半、最長で1日くらいで、ニューカレドニアなどでは泊まってバヌアツ便を待つことになります。

シドニー便だと夜8時頃出て、朝7時半頃着き、正午にシドニーを出て、夕方4時にバヌアツ到着というパターンです。

行程はずっと太平洋ですが、パプア・ニューギニアの首都、ポート・モレスビーが宝石のように見えたりとか、ニューカレドニアの珊瑚礁が青々と目を楽しませてくれたりと、変化もあります。

シドニーからエア・バヌアツに乗り換えると、観光客半分、政府関係者・現地の人半分といったところでしょうか。もう雰囲気は生活列車のようでスチュワーデス(古い表現か?)もお客と顔馴染みで笑顔で近況を報告し合ったりしています。

機内食はオーストラリア米も出て、何か雰囲気が漂います。最近、観光用の派手なビデオ(目まぐるしいが…)ができて、退屈しません。以前は博物館で流されているものと同じ、バヌアツの宗教だの、人々の生き方というような地味なビデオでしたが、多少は考えたようです。

到着はバウアーフィールド国際空港。バヌアツ各島への乗り継ぎ便も出ていますが、規模は日本の小都市の駅くらい。最近は真夜中到着でもバンドが派手なバヌアツ音楽をやって歓迎してくれるようになりました。

ではホテルへ!

issikikyurokusiki at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)