南の島

2005年02月20日

タガベの小売店

ポートビラの市街地に入る前に最初に現れる住宅地がタガベです。
ポートビラ自体より古い集落で、明治時代から人が住み着いた記録があります。メレの村へ行く道と空港に向かう道との合流点で、交通の要衝です。

ここへ来てようやく小売店が現れます。自転車でハイダウェイやメレ方向からのまず食わずで来ると、蘇生の思いをします。昔の日本の駄菓子屋を簡素にしたような店舗に、ビスケットや缶詰、各種調味料、パイナップルなどが並んでいます。

冷蔵庫に入っている清涼飲料はおなじみのコカコーラ、異様に甘いオレンジやグレープのジュースのほか、60円くらいのラベルなしのジュースがあります。炭酸に粉末を入れたような安っぽい風味ですが、腹痛は起こしません。文字通りの「微炭酸」です。

ビスケットなどはクリームサンドなど、やたら歯にくっつくようなボリュームのあるものばかり。バヌアツは食物に関して一般的には、アメリカ風だなと思われます。

ここタガベからテバコール、アナブロ、マラポア、メルコフェなどという「住宅地」を通っていきます。

issikikyurokusiki at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)