南の島

2005年02月21日

日本食商店

住宅が増えだし、ガタガタ道やヘアピンカーブの多い宅地を縫って、幹線道路はポートビラ市街を目指します。アップダウンの多いコースですが、バヌアツの多くの道と違って、国際空港につながる幹線道路はよく舗装されており、自転車でも快速ですっ飛ばすことができます。

たまに若者や子供たちが歓声を上げて手を挙げてきたりします。背中を叩かれて転びそうになったこともあります。掛け声は「ヘイ!チャイニーズ!」日本人は東洋人としてはまだまだメジャーではありません。

幹線道路の一角に「ジャクソン・ロー」という一見何の変哲もない小商店があります。この商店、実は健康食品としてひそかなブームとなっている日本食を扱う商店なんです。

醤油を中心とした各種調味料、さらにそばやうどん、インスタントラーメンがあります。そばやうどんは高く、どこのものか分からず、いつから置いてあるのか分かりませんが、インスタントラーメンはちゃんと「出前一丁」がありました。中国でライセンス生産したものを輸入したようで、食ってみるとまともな味でした。

issikikyurokusiki at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)