南の島

2005年02月28日

ローランド家

さて、マラポア半島の頂上にあるローランド家へ。バヌアツで相当の素封家で旅行会社とレンタカー会社を経営しています。

邸内は15畳敷きはあろうかという大きなリビングを中心に台所と、これも10条敷きのテラス、8条敷きくらいのベッドルームが4つあり、御殿のようです。

常夏の国なので暴風雨でない限りは朝食は遠くハイダウェイ島を望むテラスで。リビングにテレビなどは置かず、会話を楽しむという習慣です。月に1度は宴会が開かれ、40人くらいでも余裕の収容力です。

ローランド氏は白人なのですが、一度ローランド家縁戚大宴会が開かれたときなどは、黒白黄色40人以上が集まり、賑やかでした。しかし大部分がフランス語なので、私は黒人の少年をつかまえて、英語で話していました。

ローランド家は先祖代々のバヌアツ人ですが、やはり白人はお金持ちです。これに対し、黒人はニ・バヌアツと呼ばれています。人口の95%を占めるので、やっぱり貧しい人も多いです。しかし彼らは決して不幸な表情をしておらず、凶悪犯罪や内乱も起こらないのはなぜでしょうか?

issikikyurokusiki at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)