南の島

2005年03月08日

マラポア半島

それではローランド家を離れ、半島を下って元の幹線道路へ戻るとしましょう。

ローランド夫妻は旦那がテニス、奥さんがサイクリングと趣味が違います。私は自転車を持ち込んだので、奥さんとサイクリングをしました。

50歳近い奥さんは坂にかかるとすぐ押しますが、かなり遠くまで出かけます。そして、方々の知り合いに声をかけます。気が向くと付近の海にザブンと飛び込んでひと泳ぎです。

奥さんもフィジー人で、英語、フランス語、フィジー語、ヒンディー語(フィジーにはイギリスに連れてこられたインド人が多い)、ビスラマ語(バヌアツの土語)の5ヶ国語を操ります。「日本食はダイエットに良い」のだそうです。

「この葉は食べられる」「この団地は今や金持ちはいない」など、奥さんの地域解説は詳細ですが、一軒家には白人、集合住宅には黒人が住んでいるという構図がありました。奥さんも色は黒いのですが、その態度にはありありと現地人に対する軽侮の色がありました。

半島付近の海に黒い液体がにじみ出ている場所があります。それは何と、石油だそうです。筆者の貧弱な英語力のなせる業かもしれませんが、掘ってみれば大油田が見つかるかもしれません。そうなれば貧富の差別もなくなるでしょう。


issikikyurokusiki at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)