南の島

2005年03月12日

旅行会社タマソ

更に幹線道路は海辺に出て、ポートビラ湾が20メートルほどの水辺に出てきます。その出た辺りにスラタ・タマソ・ツアーズがあります。先ほどのローランド社長の経営する旅行会社です。

バヌアツは観光立国なのですが、日本人の知名度はご存知の通りパッとしません。原因は交通の便が悪い、バヌアツ人はシャイで売込みが下手糞、などということが言われています。

ニ・バヌアツ人(黒人)の国営旅行会社がありましたが、なんと横領でつぶれました。「海辺に生えている椰子の実は誰のものでもない」論理でしょうか。バヌアツ人の、バヌアツ人による、バヌアツ人のための会社はバヌアツでは聞いたことがありません。

この通称「タマソ」はバヌアツ1の旅行会社です。バヌアツ最大の島、サント島(沖縄の4倍の広さ)にも支店があります。ローランド社長は祖父の代からのバヌアツ在住で白人ですが、トップが白人や外国人でないと、ここの会社はうまくいかないようです。現在は時代を反映してか、中国人が圧倒的です。小規模ながらチャイナ・タウンもあります。

アメリカの黒人も奴隷解放後、参政権を得てからしばらくは評判が悪かったです。しかしここ数十年中には黒人大統領が出るでしょう。1980年に独立したバヌアツもしばらくはこういう状態が続くでしょう。しかし、いつの日か、バヌアツ人の、バヌアツ人による、バヌアツ人のための国家ができることでしょう。

ちょっと話が横道にそれました。ツアーの内容については次の機会に。

issikikyurokusiki at 22:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)