南の島

2005年07月04日

バヌアツの女(ひと)帰国

全く久々のバヌアツネタです。
2ヶ月前、成田で出迎えたバヌアツ人のアニーさんが、いったんバヌアツに帰ることになり、宿泊の手配、案内などを2日間に渡って行いました。

http://blog.livedoor.jp/issikikyurokusiki/archives/20892979.html

7月2日、土曜日正午、手配したホテルへ行ってみると、約束の時間より早く着いて休憩料金で部屋に入っているとのこと。今日は彼女の誕生日で、お祝い会を開く予定です。ただし早朝から四国を出てきたということだったので、手続きをした後休んでいただき、私はその間成田山新勝寺へ行きました。新勝寺

成田は空港の町であるとともに、江戸期以来の門前町でもあります。朝から何も食べていなかったので、高くても旨そうな観光地の食事に目移りします。それでも起伏のある町並みを歩いて、新勝寺の広大な敷地を見て回りました。この暑いのに本堂では火の粉が出るほどかがり火を焚き、坊さんがお経を唱え、敬虔な信者が正座して祈りを込めていました。

午後4時、空港に戻り、アニーさんと待ち合わせて、レストランでお誕生会。ハッピーバースデイ!と言って乾杯しました。南太平洋のバヌアツ共和国はもともと英仏共同統治領で、地元のバヌアツ人は英語・仏語・現地のビスラマ語の3ヶ国語ができるのは当たり前です。私のつたない英語も「理解できた」レベルで何とかコミュニケーションできました。

続きを読む

issikikyurokusiki at 07:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)