南の島

2005年08月21日

日本軍と戦ったケネディ(上)3

「JFK」で知られるアメリカのケネディ大統領。彼が若い頃に、アメリカ海軍に所属して、太平洋戦争中、日本軍と戦ったということをご存知でしょうか?太平洋戦争のシーンで私の好きな話の1つです。

場所はオーストラリアの右斜め上、ソロモン諸島で、ケネディは海軍中尉として魚雷艇の艇長でした。魚雷艇というのはモーターボートに毛の生えたようなものに、魚雷を2〜4本積み込んだ全長6m程の小さな軍艦です。船体はペラペラのプラスチック板でできていました。どんな砲弾にもひとたまりもありませんが、速力はあらゆる戦闘艦艇のうちで世界一でしょう。

昭和18年、日本軍はやや負け気味になっていたというものの、まだ力がありました。ソロモンの島々も、あっちの島はアメリカ軍、こっちは日本軍と勢力が拮抗していたのです。そんな中、ケネディ艇は深夜のパトロールに出かけたのです。
続きを読む

issikikyurokusiki at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)