南の島

2005年10月17日

バヌアツとサントメ・プリンシペ3

シニア海外協力隊のお医者さんのお話を伺う機会がありました。この方はアフリカへ行くことの多いお医者さんですが、なんと、バヌアツにも行ったことがあるのです。

表題のサントメ・プリンシペはアフリカの国です。アフリカ西部の正に赤道直下のギニア湾内に浮かぶ、バヌアツと似たような火山島の島国です。

日本の医療補助は、最新の医療機器を提供し、その使用方法を現地の医師に教えるというものです。単に薬品を提供するだけでは何の進歩もないし、かといって医師が常駐するにはお金もかかる、というわけで、こういう医療の技術協力はその国の進歩発展のために非常に良い事です。

しかし、件のお医者さんは「バヌアツはダメだ」と言います。何がダメなのかというと、続きを読む

issikikyurokusiki at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)