南の島

2006年01月04日

バヌアツと沖縄3

沖縄の歴史に関する本を読みました。日本最古の人類、港川人から琉球王国、そして明治の日本に併合し、沖縄戦、米軍の占領から返還と、ご存知のとおり、複雑な歴史をたどっています。日本、沖縄さらにバヌアツのような島国の心意気とは何か考えてみました。

カラオケで「島人ぬ宝」という歌を友人が歌っていました。これやっぱり沖縄の歌なんですね。”ぬ”は”こそ”という意味で、島人こそ宝だ!という意味になります。

日本もバヌアツもそうですが、やっぱり島の人は自分の島バンザイとなるようです。しかし一方で、どこかに属したいという気持ちもあるようです。沖縄の戦後史は本土復帰への険しい階段を上ったようなものです。しかし日本は対米追随のあまり、あまり沖縄の心情は考えてこなかったようです。

バヌアツは比較的簡単に独立しましたが、その後の混乱が結構ひどかったのです。何しろ新潟県の広さに人口20万くらいなのに、言語が133あるくらい、文化が違い、部族意識が強いのです。

83個の島々全てがバヌアツ共和国として1つになるには時間がかかりました。サント島という沖縄本島の4倍くらいあるバヌアツ最大の島が反乱の舞台となりました。ここの独立指導者が閉じ込められた村は観光名所になっています。

これは日本で例えれば、沖縄独立論者を封じ込めて、本土が強引に日本にしたようなものです。しかし、沖縄の歴史はそうではありませんでした。続きを読む

issikikyurokusiki at 07:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)