社労士旅行記

2005年08月03日

長野合宿(下)

朝からの運動で腹が減り、飯を3杯平らげて松本へ出発します。バスの中でブログについて難航していることを言うと、即刻協力していただける方々が出てくれました。眠気と戦い、トンネルをいくつも潜るうち、松本城の付近まで来ていました。

bb1ba11b.jpg松本城は17年振りに来ました。カラス城といわれた真っ黒な威容は健在でした。刀槍の多い四国の松山城と比べて、この城は鉄砲の城で、展示品は圧倒的に鉄砲です。(写真は天守閣の石垣をバックに参加者全員:桐生さん撮影・提供)

交通の要衝なのでわざとそうしたのか、城の大きさの割に領地は小さく、殿様も何度も変わっています。急階段の場内を右往左往し、その間、埼玉の山崎さんの慶事が電話でもたらされ、天守閣の広間でみんなで車座になって祝福しました。

その先でまたまたそばを食い、新潟の恒川さんは帰途に就きます。残りのメンバーは松本の第2の名所である開智学校へ。しかし工事中で入れず、付近の司祭館(宣教師の集会所)を見ます。昨日呑み残したビールを処分しようと、司祭館の傍らで臨時の酒盛り。こりゃセンセイ方の集まりに見えたでしょうか?

続きを読む

issikikyurokusiki at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)