社労士旅行記

2005年11月28日

足尾へGo!(上)5

3f4013cf.jpg桐生のホテルを出て、さあどこに行こうかと考えました。上毛電鉄に乗って前橋に出るかというようなことを考えつつ、JR桐生駅に行きました。高架の駅にレールバスが止まっています。そうか!ここは「わたらせ渓谷鉄道」の起点だったのです。

もと国鉄足尾線で、足尾銅山のために作られた鉱山線でしたが、国鉄末期のローカル線廃止の波にひっかかって、第3セクター化されて、相当な経営努力をし、新卒も雇ったと聞いています。よし、これに乗って足尾へ行こうと決めました。

2両編成のレールバスは相当な入りです。団体客も呼び込んでいるらしく、乗車率は相当良いようです。終着の間藤までは1時間半ですが、渡良瀬川の渓谷は美しく、かなりな人数が終点まで行って折り返しました。写真は終着駅、間藤のディーゼル列車です。

車内放送でも、「ここではサルの群れが出ることがあります」などと言って、楽しい道中です。但し後で地元の人に聞くと、サルはこの季節はもっと高山に行くとのこと。続きを読む

issikikyurokusiki at 06:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)