社労士旅行記

2007年07月25日

東京の「先端」に行ってみる5

東京側東京の「先端」とは何でしょうか?高層ビルのてっぺんでしょうか。それとも流行の最先端という意味でしょうか。地図で言うと東なら江戸川の河岸でしょうか。西なら雲取山、南なら小笠原諸島、北なら荒川の河岸でしょうか。

まあいろいろ意見があると思いますが、今回は荒川の河口の延長、若洲に行ってきました。

ゴルフ場があって、ある国会議員がゴルフをして土を掘り返すと、貝殻が出てきたという埋立地です。若洲とは「若い土地」の意味だそうです。昭和49年埋立完了ですから、私より若いです。

言うならば東京湾に突き出た「先端」といえるでしょうか。まあとにかく荒川河口を極めたい!海を見たい!という思いで出かけました。

荒川河口荒川の河岸を南下します。日頃のトレーニングでは葛西橋でUターンするのですが、今回は先に進みます。有名なゴミの島、夢の島に突き当たりこれ以上いけないところが左の写真です。

見える橋は京葉線と高速道路が走る湾岸橋です。荒川のこれより下流に橋はありません。ここから向こうは海です。

荒川から離れ、夢の島に入り、辺りが荒涼としてくると若洲の島です。汐の匂いの中に釣り人、さらにマリンスポーツの人々がたむろしています。休日なので工場や倉庫で働くヒトはほとんどいません。続きを読む

issikikyurokusiki at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)