2009年03月30日

1つの時代の終焉、新時代の始まり5

当ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。
○ "雇用調整助成金"説明会のご案内はこちら
○ 「名ばかり管理職」解消法、小冊子(無料)はこちら
○ 助成金の無料診断はこちら
○ メルマガ「新労社が贈る、人事のツボ!」はこちら
===========================================================
開業ダッシュの会というサムライ業の集まりがあります。この集まり、先週開かれた第8回でもって「終了」ということになりました。主催の森田夫妻がサムライ業から転進するためです。思えば第3回から4回5回と出席し、ここ2年はご無沙汰でしたが、私の社労士開業へのモチベーションとともにあった会でした。ブログを始めてから何回か書いたことがあります。

2006年:第5回開業ダッシュの会
2005年:第4回開業ダッシュの会

「ダッシュの会、終了」これを持って何か1つの時代が終わったような気がします。創業のワーッとした雰囲気を共有する集団で「こんな成果を挙げました!」というエネルギーと「私も頑張らなきゃ!」というエネルギーのぶつかり合いはすごいものがありました。

今回の会は、行政書士の丸山先生に、ダッシュの会の「優等生」3人の開業にまつわる話から始まりました。その3人とも仕事を通じてお付き合いしています。近況報告も兼ねた武勇伝を実に懐かしく聞きました。参加者30人との名刺交換もあり、3年前と同じ心地よい疲労を感じさせていただきました。

最後の会ということもあって、開業年数を重ねた知り合いが多かったのですが、希望に満ちた新規開業者の方も結構いました。「優等生」の1人が言っていました。ここには初心忘るべからず、の初心を思い出すために来るのだと。しかしそれも最後になります。

ダッシュの会がなくなる、というのは、事務所が発展し前記のような「相対的ガンバリの時代」から個々の事務所の「絶対的価値の追求」に人生の力点が移っていくという意味です。つまり業務の差別化を目標に自分自身のオリジナルな価値を高めていくということです。他との競争から、自分との戦いへのシフトですね。

さあ当事務所も1人で頑張ってきた時代から、社労士法人を立ち上げようという話になってきています。そこを拠点に多くの仕事を受けて行こうというハラです。さあどういう未来をつかむか、新時代の展開が楽しみです。

issikikyurokusiki at 05:00│Comments(4)TrackBack(0)交流会・勉強会 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mroppon   2009年03月30日 09:55
5 こんにちは。
ダッシュの会行かれたのですね。
またあの活気を味わいたいとも思いましたが、月末とそしていろいろなものが重なってしまい断念しました。
誰かが引き継いだとしてもあの雰囲気は森田さんにしか作れないと思います。

深石さんも新展開ですね!
がんばってください!
2. Posted by フレンチフリゲート   2009年03月30日 15:11
5 mroppon殿コメントありがとうございます!

今回は司法書士はいませんでしたね〜ブレインセミナー組も合流し、呑み会は3次会までありました。
3. Posted by 勝山竜矢   2009年03月31日 09:38
5 おはようございます。

個々の事務所の「絶対的価値の追求」!!
まさに、その通りですね。

丸山先生のお話しにもあった、差別化について再度見つめなおして、わたしも今後の事務所運営をしていこうと、思いました。

社労士法人の展開、また、ブログを拝読するのが楽しみになりますね。

わたしも、がんばろう!!
4. Posted by フレンチフリゲート   2009年03月31日 16:35
5 これは勝山さん、コメントありがとうございます!

個性の確立した事務所が連帯して大きな成果を挙げる、というものでありたいですね。

今後ともよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔