2007年08月22日

バヌアツ居住許可の要件4

タイやスペインなどに、リタイヤした人が永住するのが話題になっていますが、本ブログの主題たるバヌアツはどうでしょうか。居住許可には一般人と、退職者とがあります。

1、標準的居住許可
 1年ごとの更新。労働許可証と居住許可のセットで付いてくる。小規模農業従事者を含む投資者は500万円を最初に納める必要あり。3年は1,500万円、10年は5,000万円、15年以上は1億円を納める必要あり。

またこれとは別に、犯罪を犯した場合の本国送還費用12万円余を納める必要あり。管理費用2万円。

2、退職者居住許可
 月収最低30万円を保証されること。地元の銀行の証明が必要。

3、必要な添付書類
 警察の許可証や、健康診断書のほかに、母国の発行した犯罪証明書が必要。日本では警視庁で発行してくれる。

ざっとこんな感じです。旅行者や留学生という名目なら4ヶ月いられますが、それ以上だと500万円払えということになるようです。

バヌアツにいる日本人は50名ほど。その半分が海外青年協力隊、半分が民間人です。民間人は、

○ 大ホテルのオーナー
○ 牧場の管理人
○ 大企業の支店管理人

といった方が多いのです。この土地で一旗上げようという方以外は、大資本をバックにつけた、精肉、木材、貿易、観光業の現地管理の方が多いのです。しかし現実は甘くなく、企業も現地を撤退したり、悪いことをして召還されたりという例も少なくありません。

現地の商売は人口が少ないだけに厳しいです。レストランやホテルなどの観光産業は飽和状態で、漁業や大規模プランテーションなどの産業も大資本家が握っています。1から入ろうとするならば、相当な経済力と、部族社会に入る人脈が必要でしょう。

issikikyurokusiki at 05:02│Comments(4)TrackBack(0)南の島 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さとみ   2008年08月05日 10:36
深石さんと同じくバヌアツが大好きで、住んでいます。所有の土地のうちのいくつかを売ることにしました。もしご関心があれば、2つのサイト覗いてみてください。

http://home2.netpalace.jp/vanuatu

http://tokyo.kijiji.co.jp/f-Housing-buy-W0QQCatIdZ400053
2. Posted by フレンチフリゲート   2008年08月06日 16:51
5 さとみさまコメントありがとうございます!

私はまだまだバヌアツに悠々自適できるほど稼いでない人間です。バヌアツの土地も家賃もそれなりに高いですね。外国人がやってきて踏み荒らすのを恐れているのでしょうか。
3. Posted by さとみ   2008年08月07日 08:56
バヌアツの土地価格はここ数年急上昇中。ベビーブーム世代が母国脱出、オーストラリアとニュージーランドからの移住が主ですが、この方々はお金を持っているので競争原理が働き、土地も家賃も引き上げているのです。私もリタイヤには程遠くオーストラリアの間を行き来する生活をしています。土地を売るにあたって買ってくださる方はご近所さんになるので、日本人でバヌアツの価値分かる方であるといいなと思いコンタクトをとってみました。ちなみに移住許可についてですが、5.000.000Vatu(日本円でおよそ530万ほど)を土地購入、建築に投資していればProperty Investorとして許可されます。私と主人もこれを利用し、4万円/人ほどの毎年更新料を払います。5.000.000Vatuは一人あたりではなく夫婦でOK。標準的居住許可についても「500万円納めなさい」等ということではなく、金額がバヌアツ国内にある事、バヌアツ支店の銀行から残高証明を発行してもらえばいいのです。実際のところバヌアツに銀行口座を開設して口座に海外送金して証明書を発行し、また国内に逆送金して、ということが出来てしまいます。小話ですが、私は夫と複数の土地を購入しました。1つ目の土地のために書類の手続きに政府機関に行きましたら2万円ほどの手数料を取られましたので、通常は発行しないらしい領収書をお願いしました。2つ目の土地のために同じ機関、同じ人を訪ねたら、手数料は取られませんでした。「前回は払いましたけど?」と言ったら「払いたいならどうぞ」とまじめな顔で言うのです。は?バヌアツで暮らしていくと、日本の感覚では考えられないようなことにたまに出会います。



4. Posted by フレンチフリゲート   2008年08月09日 21:10
4 さとみ様たびたびありがとうございます!
土地価格の詳細ありがとうございます。

>「前回は払いましたけど?」と言ったら
>「払いたいならどうぞ」とまじめな顔で言うのです。

ここでは白人も黒人も相当マイペースでノンビリしていますよね。忙しいのは中国人も含めた東洋人だけのような気がします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔