2006年10月

2006年10月31日

再び言う”死んだら負け”1

死んだら負けだ。
高校長自殺:自宅近くの山林で首つり 履修不足の説明会後
「シュート失敗、笑われた」 岐阜の中2女子自殺

中学生からいいオッサンに至るまで大変な自殺ラッシュです。死んでこの苦しみから逃れるばかりです、というようなことなのでしょうが、自分のために死んでる人ばかりです。後に残された人間にはいいメイワクです。本人にしても死んだらどういうリスクがあるでしょうか。

○天国で幸せとか、生まれ変わるというのは幻想。与えられた時間を失うだけ。
○苦悩をやった上で夢はかなうもの。夢は永遠にかなわなくなる。
○世のヒトからは湿った同情を買うだけ、いじめたヤツにもバカ教師にも祟りなど1つもない。すぐ忘れられる。

この校長の場合、後任のヒトにかかる重責もあります。社会的に問題解決を困難にするだけでなく、一番かわいそうなのは放っポリ出された生徒たちです。どう気持ちを整理すればいいのでしょうか。「神風特攻隊」などと比べても、1つも役に立たない死です。

またこの生徒は、続きを読む

issikikyurokusiki at 05:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)よしなしごと