2006年08月

2006年08月31日

「漢」(おとこ)江川紹子氏5

江川紹子さん、麻原四女の後見人に

このヒト、生体的には女性なのですが、どうもこういう真っ直ぐな「サムライ」は久々に見たような気がします。彼女はオウムの内実に関する評論家で、その悪口を言ったために教団から命を狙われたコトもありました。ここまでなら普通の評論家です。

しかし彼女は、「教団や家族から自立したい」と言った麻原彰晃の4女をマインドコントロールから救うために、後見人になったのです。このことで、彼女は単なる口だけのヒトではなく、行動に移せる人物だったということを示しました。

単なる脱会希望の信者ではなく、この4女は教祖の娘で、なおかつ、父母のことは決して憎んではいないようです。「会って話をしたり、困ったことがあれば相談にのっていく」と言いますが、ひょっとしたらこの女性に危害を加えられる可能性もあります。

そこがどうも偉いですね。自分でバンとリスクを取って、主張を貫くと言うのはなかなかできるものではありません。続きを読む

issikikyurokusiki at 05:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よしなしごと