2005年02月06日

マラリア

いま日曜日20:00ですが、インフルエンザか39度4分の熱が出ています。
明日は休みでしょう。小泉さんも風邪でダウンしたし…

こうなると思い出すのは、マラリアの恐怖です。
ハマダラカが媒介し、一気に高い熱が出て、2〜3日経つと下がるが、またぶり返すというのを繰り返して、死ぬこともある熱病です。
バヌアツはニューギニア・ソロモンに次ぐマラリアの南限地です

首都ポートビラの近辺は良いのですが、ジャングルで刺されるとやばいらしいです。農場見物でジャングルで刺されたのですが、5年たってまだ発病はありません。出かける前に東京で医者に聞いて回りましたが、東京でもマラリアの専門家は数えるほど。薬は現地で入手した方がいいという話です。

ポートビラ滞在中は2回突然高熱が出たことがあります。「おりゃここで死ぬのかな」などと大げさにも考えましたが、これも単なる現地のインフルエンザらしく、日本の市販薬を飲んで1日寝て治ってしまいました。

ちなみに向こうの医者は保険などないので高いです。外国人はプライベート・ドクターを持っており、ちょっと難しい治療だとニューカレドニアまで行かなければなりません。日本がODAで提供した良い機器は「国立病院」にあるのですが、誰も使えない宝の持ち腐れのようです。

ここにも日本のODA政策の的外れが出ているようです。


issikikyurokusiki at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)南の島 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔